カメラ

ISO感度自動設定をしよう!【一眼レフ購入後の簡単設定の仕方】

元カメラ販売員の馬ちゃんです。

恐らく一眼レフを購入した方が最初に戸惑うのが、

「撮影する時、どうやって設定したら良いんだろう?」

ということだと思います。

そして結果、とりあえずオートモードで撮るという…

それでは折角の一眼レフの性能を発揮できません!

今回は私が一眼レフ購入後に設定したい、撮影を簡単にする方法をご紹介します。

必須設定3項目『ISO感度・SS(以下、シャッタースピード)・絞り』の内、まず1つ目にISO感度をカメラに自動で設定してもらいましょう!

ISO感度、シャッタースピード、絞りとは?相関関係の勉強は簡単に元カメラ専門店社員の馬ちゃんです。 一眼レフカメラや高級コンデジで撮影をする際にどうしても超えなくてはならない壁があります。 ...

ISO感度自動設定ON

確実にやる設定はこれだけです。

カメラによって項目名は異なるかもしれませんが、

『ISO感度自動設定』

というものが、どのカメラにも存在します。

選択していただくと更に2項目選択できます。

・ISO感度自動のON/OFF
・ISO感度上限設定

です。

こちらをまずはONにしましょう。

上限設定を設定しないとどうなるの?

続きまして上限設定なのですが、

こちらを設定してあげないとそのカメラで設定できる上限まで数値を上げ続けます。

ISO感度は上がっていくごとにノイズが乗ってきて、画像がザラザラしてきます。

例えば展望台から夜景を撮るというシーン。

「撮るものが光ってるからISO感度上げなくて良いんじゃないの?」

と思っても実際は結構暗いし、数値はかなり上がっています。

撮って拡大して確認してみたら、ザラザラで納得いかない…

ということもざらにあります。

ISO感度の数値はいくつに設定すればいいの?

私が推奨する数値としては

ISO 6400

が良いと思います。

実際数値をいくらに設定してあげれば良いかというのはカメラの性能と設定する方のノイズの許容範囲によってかなり変わってきてしまいます

ですが、こうすることで都市部の夜景やテーマパーク内、イルミネーションの撮影等でシャッタースピードの数値が手ブレせず撮影できるくらいになと思います。

私が行ってきた設定について

私が使用してきたカメラと設定数値は以下になります。

・OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII(ISO上限6400)
・Nikon D610(ISO上限6400)
・Nikon D5100(ISO上限3200)

ISO上限3200でも夜景を撮れないことはないのですが、画面が大変暗くなるか、シャッタースピードが下がってしまい手ブレを起こすかで、あまり上手に撮れないと思います。

D5100は7年程前に一番最初に使用していたカメラなので、ノイズに妥協できず低めにしていました…
あの頃は若かった笑

ISO上限6400はそこそこノイズが乗ってきてしまいますが、折角のシャッターチャンスを逃してはいけないと思いますので、多少は妥協をして設定しているところがあります。

特に海外旅行での撮影は一発勝負と考えているので。

終わりに

以上、まずはカメラ購入後にして頂きたい簡単設定でした。

多少慣れてきた方はこちらの数値設定を参考に撮影を行い、ご自身の許容できるノイズ量を確認してみてください。

念の為申し上げておくと、この設定は手持ちで暗い場所の撮影に対応するために行っています。

手持ちではなく三脚を使用する際には、

全く必要のない設定ということをお伝えしておきます。

次回記事で必須設定3つの内2つは自動設定されます。

一眼レフは基本絞り優先モード!【それ以外ほぼ使いません】馬ちゃんです。 今回はモード選びについてです。 メーカーによって表記が変わってくるのですが、 AUTO  オートモード M ...
ABOUT ME
馬ちゃん
元カメラ販売員・旅ブロガーの馬ちゃんです。 一眼レフカメラ初心者のための簡単知識を投稿中。また国内・海外旅行の旅行記を写真を添えて投稿します。 趣味はバイクツーリング、西洋絵画など。好きな音楽はヴィジュアル系。 ブログ村ランキングに参加中です。 よろしければポチッとお願いします。 にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です