カメラ

露出補正のやり方【明るさを変えてイメージ通りの写真にしよう!】

元カメラ販売員の馬ちゃんです。

今回は露出補正を使いこなして、
自分のイメージ通りの写真を作っていきましょう!

露出補正って何?

今までISO・SS・絞りを学び、
それらを簡単に設定する方法を記事にしてきました。
それらを設定として正しく行った場合、
導き出されるのが【適正露出】というものです。
文字通り、この写真は今丁度いい明るさですよということです。

ただ写真によって、
もっと明るくしたほうが綺麗だったり、
もっと暗くしたほうが重厚感や怖い感じが出て良かったりします

そういうときに使うのが【露出補正】というものです。
適正露出を導き出した後に、明るさを操作するものですね。

どういう風に使えばいいの?

基本的に露出補正ボタンがエントリーモデルからついていると思います。
そのボタンを押しながら、ダイアルを回して設定します。

明るいイメージにしたい場合

露出補正をプラスに振ってあげます。

※下記の写真は適正露出と書いてありますが、編集のために多少暗い方に振ってあります。あくまで例として御覧ください。

【適正露出】

【桜を明るいイメージに仕上げたいため、明るく補正】

暗いイメージにしたい場合

露出補正をマイナスに振ってあげます。

【適正露出】

【より重い雰囲気に、十字架をシルエットにするため、暗く補正】

このようになります。

シーン別の例え

【プラス補正】

輝いた青春のようなイメージにしたくて明るくしました。
脚モデルは嫁です笑
海が反射しきって【白飛び】という状態になっています。
これには賛否両論あると思いますが、
私はイメージのためなら白飛びしてもいいと考えるので、
思い切り明るくしています。

【マイナス補正】

こちらはコントラスト、彩度もかなりいじっていますが、
石積みの重さ、奥の古い建物の怖さを表現したくて暗くしています。
他には機関車や機械のようなものは重厚感がでます。

終わりに

このように明るさを変えるだけでも、
その写真が持つイメージにかなりの変化をつけることができます。

あくまで適正露出を出し、
味付け的に露出補正を使ってみてください

ABOUT ME
馬ちゃん
元カメラ販売員・旅ブロガーの馬ちゃんです。 一眼レフカメラ初心者のための簡単知識を投稿中。また国内・海外旅行の旅行記を写真を添えて投稿します。 趣味はバイクツーリング、西洋絵画など。好きな音楽はヴィジュアル系。 ブログ村ランキングに参加中です。 よろしければポチッとお願いします。 にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です