旅行

カンボジアに到着!ゲストハウスの玄関でトカゲに遭遇…

カンボジア旅行初日の予定

※太字の予定が本記事の内容です

  1. 起床
  2. 成田空港
  3. 【ベトナム・ハノイ】ノイバイ国際空港
  4. 【カンボジア】シェムリアップ国際空港
  5. 【ゲストハウス】Green Park Village Guesthouse
  6. 就寝

現地時間【午後6:15】シェムリアップ国際空港 着

観光用ビザ発行カウンターで写真を返される

ハノイから約2時間、遂にカンボジアに到着です!

到着したらもう夕暮れ時でした。

シェムリアップ国際空港は私が訪問した中で一番小さな空港で、全ての飛行機に徒歩で行き、階段で搭乗するようになっていました。

カンボジアでは入国時に観光用ビザが必須です。

シェムリアップでは普通に米ドルが普及しているため、$30を用意します。

それに加えてパスポート大の写真が必要と書かれていたので、証明写真機でわざわざ¥800も出して撮っていったのですが、必要書類と一緒に提出したらスッと証明写真だけ返却されました!

馬ちゃん
馬ちゃん
え!?必要じゃないの!?というかせめて受け取ってよ!もったいないじゃない!

ちなみに写真を忘れていった場合、追加で$2払えば入国させてくれます。

つまり証明写真を撮っていくより、そちらのほうが安いんですよ!

ということでこれからカンボジアに行く人は証明写真を持っていくのはやめましょう!笑

入国審査で果てしなく待たされる

カンボジアの入国審査は今まで10カ国ほど行った中で最長の待ち時間でした…

午後6:15に着いて、入国審査終わったのが午後8:00過ぎですよ!?

ゲストハウスにトゥクトゥクでの送迎をお願いしていたので、ドライバーさんの待ち時間を考えたら本気で焦りました…

やっとの思いで入国審査を出ると、ドライバーさんは笑顔で待っててくれました。

馬ちゃん
馬ちゃん
ごめんなさーい!遅くなりましたー!
トゥクトゥクドライバー
トゥクトゥクドライバー
大丈夫だよ笑 入国審査ものすごい混んでたんだね。

ドライバーさんの案内でトゥクトゥクまで向かいます。

最終的にこのドライバーさんがタイへ移動する日まで私の担当でした。

路面の振動もまた醍醐味…?

さぁ人生初のトゥクトゥクです!

走り始めると風が吹き抜けてとても気持ちいい!

が、トゥクトゥクにはサスペンションがついてないので、路面のガタツキが全てお尻に突き刺さります

あとヘルメットの『コスミック』笑

馬ちゃん
馬ちゃん
ついにカンボジアに来たー!

超ハイテンションで宿に向かいました。

【ゲストハウス】Green Village Guest House

空港から大通りをほぼ真っすぐ抜けて、20分ほどでしょうか。

大通りから少し入ったところに今回の宿がありました。

Green Village Guest Houseは口コミを読んで、オーナーの奥様が日本人の方ということで日本人からの評価がよかったのです。

にしても夜遅くなって、当然のごとく日本のように街頭は立ってません。

流石に大通りから奥に入るとき(大丈夫か…?)と一瞬不安感はありました笑

入り口にオーナーさん…なのかな?

メインで受付業務をやっている男性(以下、サム)と2人の若い男の子が立っていました。

サム
サム
遅くなったねー。僕はサムっていうんだよろしく。

ゲストハウスの説明をしばし受けて、お部屋へ案内です。

説明の紙に「変な接客をしたらお尻を蹴飛ばしてやって!」と書いてありました笑

若い男の子2人が部屋に案内してくれて、頑張って英語で接客してくれました。

片方の子に年齢を聞いたら、まだ19才らしいです!

初々しくて可愛いなぁ、と…

荷物を置いて落ち着いたら、即座に外に出ます。

初めて見る栄えていない街並み

過積載で荷物を運ぶ様子は日常茶飯事
トラックにも大量のフルーツが

空港からゲストハウスに来る途中で気づいてはいたことですが、シェムリアップは栄えている都市ではありません。

今回は渡航前の残業がヒドかったため下調べが全くできていなかったのですが、まさかこれほどとは。

発展途上国に来るのは初めてなので、地元の生活風景に熱心にシャッターを切りました。

このような屋台が至るところにある
屋台は商売と生活が一体化している

周辺の屋台は串焼きやフルーツを売っている屋台が多そうで、ガッツリご飯を食べれるようなところはなさそうでした。

現地飯を食べるのは翌日に持ち越して、引き返してゲストハウスに戻ることにしました。

地元の奥様たちが会話に花を咲かせていました

上を見ればゲッコー

戻ると別のトゥクトゥクのドライバーさんがいました。

足元をライトを照らしてくれたんですが、突然ライトを上にやると、

トゥクトゥクドライバー
トゥクトゥクドライバー
おい、見てみろよ!ゲッコー(ヤモリ)だぜ!

入り口の屋根に植物が生えていて、そこにぶら下がってました…

かわいく見える人にはかわいいのだろう…

ちなみに私、大の爬虫類嫌いです笑

しかもこの写真を撮る前、コオロギみたいな虫をくわえててパクっと…

さすがカンボジア、初日から色々経験させてくれます笑

ドライバーさん曰く、カンボジアにはゲッコーがそこら中にいるそうです…

もうゲッコーには会わなくても大丈夫よ…?笑

ご飯を食べながらサムとお話

結局ご飯にありつけなくて、ヌードルとビールでいいから食べれるところはないか聞いたら、

トゥクトゥクドライバー
トゥクトゥクドライバー
うちでよかったら作るよ!

と言ってくれて、結局ゲストハウスでご飯を出してもらいました。

チキンヌードルにちゃんとお肉を入れて、ビールは『Angkor』を720ml瓶で出してくれました。

合計のお値段、$4.50笑

日本じゃ瓶ビールだけでも600円くらいするのに、さすが物価が安いです。

食事を食べてるとサムが来て、色々教えてくれました。

サムは従業員の中で一番英語ができるようです。

サム
サム
明日どうするんだい?
馬ちゃん
馬ちゃん
決めてないんだよねー。とりあえず小回りコースは行きたいかな。
サム
サム
じゃあうちでもコース別にツアーやってるから、これどう?

観光コースのリストを見せてくれて、事前に調べた相場より安かったので即決でお願いします。

馬ちゃん
馬ちゃん
ここのオーナーの奥さん、日本人なんでしょ?
サム
サム
ああ、彼女は今いないよ。日本って今長期休暇なんだろ?彼女は日本の実家に帰ってるよ。
馬ちゃん
馬ちゃん
パブストリートって遠いの?
サム
サム
いや、そこまで遠くないよ。あそこは完全に観光客向けで、地元民はまた別のマーケットがあるんだ。
馬ちゃん
馬ちゃん
朝日って見れそう?
サム
サム
いや…多分明日明後日は無理かな。天気予報で曇るって言ってたよ。

という具合にざっくばらんに教えてくれました。

やっぱり地元の話は地元民に聞くのが一番です。

ごちそうさまでした。

すぐに部屋に戻って、この日は就寝しました。

2日目へ

https://umachang-tabicame.com/trip/banteaysrei/

ABOUT ME
馬ちゃん
元カメラ販売員・旅ブロガーの馬ちゃんです。 一眼レフカメラ初心者のための簡単知識を投稿中。また国内・海外旅行の旅行記を写真を添えて投稿します。 趣味はバイクツーリング、西洋絵画など。好きな音楽はヴィジュアル系。 ブログ村ランキングに参加中です。 よろしければポチッとお願いします。 にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です